2008年08月30日

「サケの鼻」から軟骨成分「プロテオグリカン」が!?

先日偶然知ったんですけどぉ、ちゅわこの地元・青森で、
サケを使ったある研究が進んでいるそうなんです。

使うのゎ、サケの鼻の「軟骨」部分なんですってバッド(下向き矢印)



サケの鼻の軟骨から「プロテオグリカン
とゆー物質ができるのだそうです。

プロテオグリカンとは?

プロテオグリカンとは、
ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、グルコサミン
が結合した糖タンパクで、
私たちの体の関節の‘軟骨’の成分のひとつだそうです手(パー)
軟骨は、クッションみたいな役割をしていて、
例えば立ち上がったりしゃがんだりとかした時に、
関節にかかる衝撃を和らげるような役割をしています。


軟骨は、水分と、コラーゲンと、
プロテオグリカンでできているそうです。
関節の3分の2は水分です。
コラーゲンは、軟骨をしなやかにして、
関節にかかる衝撃を抑える作用があります
プロテオグリカンは、
コラーゲンがうまくはたらくように水分を保ったり、
軟骨を作っている細胞を刺激して、
磨り減った軟骨を元に戻したりするはたらきがあるそうですわーい(嬉しい顔)

ひざなどの関節症の原因の一つに、
加齢とともに軟骨がすり減ってしまう事があります。
プロテオグリカンって、
関節症の治療薬に応用できるのだそうです手(チョキ)


そしてプロテオグリカンは、
関節症の治療薬だけでなく、
化粧品や医薬品、ダイエット食品の材料など、
いろんなものに応用できるんですってexclamation

プロテオグリカンは今まで、牛の気管の軟骨から、
ほんのわずかしか取れなくて、
とても高価(1g/3000万円)なものでした。
でも、普通は捨てられるような、
サケの鼻の軟骨から作リ出すことで、
もっと安く、大量に生産できるようになるんですってるんるん

このたび、弘前大学医学部高垣教授と、
青森市の商社である株式会社角弘とで共同開発なさったそうです。
詳細ゎ、こちらのサイトをご覧下さいませバッド(下向き矢印)

プロテオグリカン応用プロジェクト


プロテオグリカン自体ゎ、
既にいろんな製品になってるんですよぉ。
皆様おなじみのサプリが多いですよねexclamation



プロテオグリカンいろいろ



サケから作った安価なプロテオグリカンが
これからたくさん流通していくことで、
今まで捨てられていたサケの軟骨がリサイクルできますし、
私たちもより手軽にプロテオグリカン製品が
利用できる時代になるかもしれませんょね!
今後に期待ですわーい(嬉しい顔)


posted by ちゅわこ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | メタボ以外の健康関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。